希少価値が高いアンティークコインとは?特徴や種類について解説

アンティークコイン希少_サムネ

アンティークコインを賢く売る方法は?
アンティークコインを高値で売りたい!

アンティークコインの売り方は様々です。

しかし、アンティークコインに関する知識や英語力によって、おすすめの売り方は変わってきます。

この記事ではおすすめの売り方を3つ紹介しつつ、アンティークコインを高値で売れるポイントを6つ紹介します。

アンティークコイン売り方をざっくり言うと
  • アンティークコインの売り方は「アンティークコイン専門店での売却」「オークションでの売却」「海外の個人ディーラーとの売却」の3つがある
  • アンティークコインを高値で売るなら「アンティークコインを特定する」「売らざるを得ない状況を作らない」「売り時を選ぶ」「スラブケースを綺麗にする」「CACに送る」「価格設定の際は相場を把握する」6つが重要
  • 売れるアンティークコインを買うなら「アンティークコインタウン」
1アンティークコイン投資 税金や経済状況に強いアンティークコイン投資。おすすめ金貨や節税ポイントを徹底解説

   目次

3種類のアンティークコインの売り方を徹底解説

アンティークコインの売り方は全部で3種類あります。

それは「アンティークコイン専門店で売却」「オークションで売却」「個人ディーラーと交渉」の3種類があります。

アンティークコインの知識があまりない方は「アンティークコイン専門店で売却」することをおすすめします。

アンティークコイン3つの売り方
  • 売り方①:アンティークコイン専門店で売却
  • 売り方②:オークションでの売却
  • 売り方③:個人ディーラーと交渉

売り方①:アンティークコイン専門店で売却

アンティークコインについての知識があまりない方はアンティークコイン専門店での売却を強くお勧めします。

理由はアンティークコインについて詳しくなくても、店員の方々が真摯に対応するためです。

また、アンティークコイン専門店以外での売却として、「オークションでの売却」「個人ディーラーと交渉」「貴金属として売却」の3つがあります。

しかし、「オークションでの売却」と「個人ディーラーとの交渉」はアンティークコインに関する、非常に深い知識が必要になるため、初心者にはお勧めできません。

「貴金属としての売却」に関してはアンティークコインの知識の有無に関係なく、お勧めできません。

その理由は想定よりも安く買い叩かれてしまうためです。

アンティークコイン_価値_お金

アンティークコインを売却するときは、必ずアンティークコイン専門店で売却しましょう。

「アンティークコイン専門店での売却」は一般的な人がイメージする店舗での買取と、販売代行の2種類に分かれます。

販売代行とは、アンティークコイン専門店側がお客様のアンティークコインを購入するのではなく、店舗がお客様のアンティークコインを一旦預かり、店の品物の一部として販売するスタイルです。

販売代行はその日のうちにアンティークコインを売却するとは限らないため、お金をすぐに受け取ることはできませんが、一般的な買取よりも高い額の売却益を獲得することができます。

アンティークコインの性質を上手に活用した売却方法と言えるでしょう。

アンティークコインの販売代行で有名なアンティークコイン専門店と言えば、ユニバーサルコインが有名です。

アンティークコインフランス_ユニバーサルコイン
出典:ユニバーサルコイン

売り方②:オークションでの売却

アンティークコインを売却する方法の1つとしてオークションに参加して、そこで売却するという方法もあります。

アンティークコインに関する知識は必要ですが、店舗での売却以上の金額を獲得できる可能性があります。

有名なアンティークコインの1つに「ウナ&ライオン 5ポンド金貨」がありますが、2020年8月で行われたオークションでは3000万円という金額で売却されたことが話題になりました。

ウナとライオン_オークション

出典:日本コインオークション

売り方③:個人ディーラーと交渉

アンティークコインに関する知識の他に、英語に関する知識も必要になりますが、海外の個人ディーラーと直接取引するというものがあります。

販売代行やオークションでの売却とは違い、手数料を気にすることなく、自分の言い値で売却できるという利点があります。

アンティークコイン_価値_交渉

しかしアンティークコインの主要市場はアメリカや欧州という点、日本のアンティークコイン市場は狭いという点から、英語で相手と取引できるレベルの英語力と、アンティークコインに詳しい人と直接交渉する能力が必要になります。

また、持ち逃げなどトラブルも考慮しないといけないため、初心者には絶対おすすめできないアンティークコインの売却手段と言えるでしょう。

アンティークコインを高値で売るための6つのテクニック

先ほどはアンティークコインの売り方について説明しました。

この章ではアンティークコインを高値で売るためのテクニックについて解説します。

それは「アンティークコインを特定する」「売らざるを得ない状況を作らない」「売り時を選ぶ」「スラブケースを綺麗にする」「CACに送る」「価格設定の際は相場を把握する」の6つです。

順に解説します。

アンティークコインを売る時のテクニック
  • テクニック①:アンティークコインを特定する
  • テクニック②:売らざるを得ない状況を作らない
  • テクニック③:売り時を選ぶ
  • テクニック④:スラブケースを綺麗にする
  • テクニック⑤:CACに送る
  • テクニック⑥:価格設定の際は相場を把握する

テクニック①:アンティークコインを特定する

売ろうとしているアンティークコインを特定することが大事になります。

アンティークコインの名前や年代は勿論ですが、製造された場所や時代背景まで把握できるとなお良いでしょう。

自分で特定できるなら良いですが、特定できない場合はPCGS社やNGC社を活用すると良いでしょう。

特にPCGS社は日本語対応しているので、英語が心配な方でも気軽に利用できます。

テクニック②:売らざるを得ない状況を作らない

アンティークコインを貴金属として売却したり、本来もっと高額で売却できるアンティークコインを安く売却するなど、焦って売却してはいけません。

大切なことは「高額になりかねない商品を持っている」という意識を持つことです。

販売代行や個人ディーラーとの交渉に言えることですが、アンティークコインを高値で売却するためには45~60日の時間を設けて、落ち着いて対応すべきです。

テクニック③:売り時を選ぶ

アンティークコインには1年に2回ほど、ここぞと言う売り時があります。

それはフロリダ貨幣収集連合(FUN:Florida United Numismatics)が開催される1月とアメリカ貨幣協会(ANA:America Numismatics Association)の貨幣ショーが開催される7月か8月です。

フロリダ貨幣収集連合(FUN:Florida United Numismatics)はアメリカのフロリダ州を拠点とする団体で、アンティークコインの魅力を広めようと活動する団体です。

アンティークコイン_売り方

出典:フロリダ貨幣収集連合(FUN:Florida United Numismatics)

若年層の支持も多く、様々な年代の人と交流ができるとして人気があります。

アメリカ貨幣収集協会(ANA:America Numismatics Association)は1891年に、貨幣学の教育的、歴史的な進歩と発展のために、アメリカのコロラド州に設立しました。

出典:アメリカ貨幣収集協会(ANA:America Numismatics Association)

こちらは会員制となっており、若年層の参加はあまり見られませんが、コンペティションなど学術的な発表が行われています。

こういう催し物が開かれているときに海外の個人ディーラーに対して販売するとアンティークコインが売れやすいです。

テクニック④:スラブケースを綺麗にする

スラブケースとはアンティークコインを保護するためのケースで、主にPCGS社やNGC社の鑑定を受けると無料でもらえるものです。

スラブケースにはアンティークコインに関する様々な情報が書いてあります。

出典:コインパレス

例えばアンティークコインの名前や、状態(グレード)、製造された国などが書かれます。

アンティークコインのスラブケースを綺麗にすることで、アンティークコインが綺麗に見え、不必要な減額をされる可能性が低くなります。

テクニック⑤:CACに送る

CACとはCertified Acceptance Corporationのことで、コインディーラーであるJohn Albanese氏が2007年にアメリカのニュージャージー州ファーヒルズに設立したアンティークコイン認証会社のことです。

この会社はアンティークコインの状態を総合的に判断し、グリーンのステッカーが貼られることで、本物のアンティークコインであるという証明と、状態(グレード)がすごい良いことを主張できます。

出典:Certified Acceptance Corporation

最近はスラブケースを偽造する人も登場してきたので、ホログラム入りのCACステッカーがかなり重要になってきます。

日本ではアンティークコインはそこまで流行していないので、CACについて知っている人は少ないと思いますが、海外ではCACのステッカーの有無はかなり重要です。

海外の個人ディーラーと取引する人や、オークションに参加する人は是非検討してください。

テクニック⑥:価格設定の際は相場を把握する

宝石や絵画といった現物資産にはそれぞれ相場があります。

同じようにアンティークコインにも相場というものがあります。

アンティークコインを売る時のテクニック①でアンティークコインを特定すべきと説明しましたが、その理由の1つに相場を把握するためというものがあります。

有名なアンティークコインとして、「ウナ&ライオン5ポンド金貨」の相場は約1000万円です。

アンティークコイン投資_ウナ&コイン

出典:コインパレス

アンティークコインを売るときのテクニック⑦:自分でコインのお手入れをしない

アンティークコインに限らず、その他の記念硬貨にも言えることですが、コインの買取査定額は、コインの保存状態で決まります。

一般的にアンティークコインはスラブケースに入って、売買されていますが、このスラブケースケースからコインを出すことは絶対に辞めましょう。

アンティークコイン_価値_手

アンティークコインをお手入れしたいという気持ちもわからなくもないですが、ケースから出すことによって思わぬ傷がついてしまったり、汚れてしまったりすることも考えられます。

また記念硬貨など金や銀は思いほか柔らかい物質なので、変形してしまうこともあります。

もし、汚れが目立ってしまっているような状況でも自分で汚れを落とそうとするのではなく、そのままの状態で査定にもっていきましょう。

どんなに優しく扱っているつもりでも目に見えない傷がたくさんついてしまう場合があります。

素手で触ることも極力控え、何もしないことをおすすめします。

アンティークコインの希少価値

アンティークコインを売却する前提で購入するのであれば、アンティークコインがどのように価値が決定されるのかを知っておく必要があります。

どのようなアンティークコインを選べば、高く売却することができるのか確認しておきましょう。

アンティークコインとは

アンティークコインという名称はアメリカの関税法で、鋳造されてから100年が経過されたコインと定められています。

その後に世界貿易機関で同じ基準を採用しましたが、それはあくまでも関税に限ったことです。

実際のところ、アンティークコインは骨董品を指し、年代に関しての明確な定義というものは存在しません。

一般的に1900年代前半前に鋳造されたコインをアンティークコインと呼びます。

1900年代前半、それぞれの国が素晴らしい金貨を作ろうと競い合い、何世紀にも渡って金の鋳造技術が発展していきました。

19世紀末から20世紀初頭に鋳造されたコインはクオリティーが高いものが多く、価値・人気共に高いものばかりです。

そのためこれらの時代に作られた金貨のほとんどはコレクターの手に渡ってしまいましたが、現在でもそれらの金貨を入手することは可能な状態にあります。

アンティークコインの価値を決める要素

アンティークコインであればどれでも価値があるということは大きな間違いです。

確かにアンティークコイン自体は大量にあるものではないので、一定の価値はありますが、コインによって値段・価値は異なります。

これからアンティークコインを購入するのであれば、価値の高い・価値の上がる見込みのあるコインを選びたいですよね。

希少なアンティークコインの価値を決める要素は、大きくグレード・デザイン・現存数・鑑定・コインの需要の5つがあります。

アンティークコイン_価値_コインの価値

アンティークコインは作られてから長い年月が経っているため、紛失や劣化などの理由から現存する数は年々、減少しているのが現状です。

またその稀少性は一般市場でどれだけの数が入手可能なのかということに関係しています。

さらに投資家やコレクターが増えると、それに比例して需要も高まり、そのアンティークコインの希少価値も上がっていきます。

需要の多さと、枚数の少なさがアンティークコインの価値をさらに高めるのです。

アンティークコインは長い年月をかけた分だけ価値が上がっていきます。

つまり新たに作られたコインはレプリカでしかなく、そのコインに価値はありません。

再発行ができないのもアンティークコインの特徴といえるでしょう。

そのためアンティークコイン市場の最大供給数は減ることはあっても、増えることはありえないのです。

アンティークコインの価値についてもっと詳しく知りたい方は「希少価値が高いアンティークコインとは?特徴や種類について解説」で詳しく解説しているので是非御覧ください。

アンティークコイン希少_サムネ 希少価値が高いアンティークコインとは?特徴や種類について解説

希少価値の高いアンティークコインの数々

希少価値があり、高値で売買されてれるアンティークコインはローマ帝国を始め、古代ギリシャ、ラテン帝国、ワイマール共和国、ビザンツ帝国、フィレンツェ共和国、ジェノヴァ共和国などの金貨が多い傾向があります。

なかでも保存状態がよく、国際的な鑑定機関である「NGC」「PCGS」などの鑑定済みであるコインは比較的高額で取引されています。

アンティークコイン NGC 鑑定

NGC鑑定済み金貨

そのような条件を満たしたコインは高いものだと数千万円で取引されることもあります。

高値が付けられている金貨で有名なところでいうとフィレンツェ共和国のフローリン金貨、ローマ帝国のノミスマ金貨、ジェノヴァ共和国のジェノヴァ金貨などが挙げれます。

これら金貨はなかなかお目にかかれないので、もし店頭またはオンラインショップで販売していたら、ラッキーと言えるでしょう。

選んではいけないアンティークコイン買取店とは

損をしないためにも、アンティークコインの買取はお店選びがなにより重要になってきます。

アンティークコインを買い取りする際に失敗してしまったら、売れるどころか、価値のないコインを高額で掴まされてしまうという最悪のケースになりかねないのです。

このような最悪のケースを避けるためにも選んではいけないアンティークコイン買取店の特徴を2点ご紹介します。

選んではいけない買取店の特徴
  • 特徴①:基本買取額を提示していない
  • 特徴②:手数料が記載されていない

アンティークコインタウン公式LINE
いまなら無料で特典プレゼント!

>>アンティークコイン公式LINE<<

公式LINEで詳しく見る!

特徴①:基本買取額を提示していない

金貨は一般的に地金価格で取引されることが多いです。

貴金属相場価格は容易に調べることが可能ですので、お店でも相場から基本額を提示することは決して難しくありません。

しかしお店によっては高価買取を全面に打ち出しておきながら、買い取り価格を提示していないお店が存在します。

このようなお店や、聞いても基本買取額を教えてくれないお店の場合は注意が必要です。

アンティークコイン_価値_注意

買取価格をしっかり提示しているお店を選ぶようにしましょう。

またアンティークコイン金貨の価値は金貨の重さも重要なポイントです。

例えば、同じ5万円金貨であっても、10グラムであったり、20グラムであったりと重さに違いがあります。

このため実際の買い取り金額は異なってきます。

またその日の金相場のレートによって買取金額が決定しますので、昨日まで買取金額が5万円だった金貨が、今日になって買取金額が4万円になってしまうなんてケースも有り得るのです。

ただ例外として記念金貨が販売価格を超えるということはほとんどありませんが、金相場の状態が良ければ、販売価格よりも実際の価値は高くなります。

繰り返しになりますが、地金型金貨の場合は、地金相場が売買の目安になるので、購入金額を超えて利益が出る時に売るのが得策といえるでしょう。

特徴②:手数料が記載されていない

ここまで基本買取価格の表示が、お店を選ぶポイントとであると解説してきましたが、これ以外にもチェックするポイントは存在します。

それは手数料の有無です。

お店によって買取の際に別途手数料を取る買取店があるということです。

もちろん買取店も商売ですので、手数料を取るということは当たり前と言えば、当たり前ですが、どのくらいの手数料が発生するのかは購入前に確認しておきましょう。

中には買取の精算の際に別途手数料を引くお店もあるようですので、注意が必要です。

アンティークコイン_価値_ストップ

実際に金貨の売却を検討している場合は、ホームページの買取の説明部分に、別途手数料が必要かどうか記載されていると思いますので、そこを確認することをおすすめします。

もしホームページにも記載がないと言う場合は、直接お問い合わせしてみることも検討するといいでしょう。

プレミアム金貨、グレーディングコインの場合はランクなどが買取金額を決めるポイントとなる一方、一般的な金貨の場合は金貨の重さで買取価格が決まります。

付属品、箱、歴史など金に関する基本情報以外の説明をし、買取価格を減額しようとするお店は怪しいと思ってください。

納得のいく説明ならば問題ありませんが、抽象的な評価での減額などはほとんどありませんので気をつけてください。

口コミ・評判などをあらかじめ確認し、信用できそうな専門店を選ぶことが重要なのです。

高く売れるアンティークコインを買うために

アンティークコインを高く買取してもらうためには、当たり前ですが、市場価値がある・価値が上る見込みがあるコインを買う必要があります。

ではそのようなコインを買うためには何をすればいいのでしょう。

ここでは価値のあるアンティークコインを購入する為にするべきことについて解説します。

売れるアンティークコインを買う為に
  • ①:余剰資金で投資する
  • ②:アンティークコイン購入前の情報収集は入念に行う
  • ③:海外のディーラーとの取引はより慎重に

①:余剰資金で投資する

高く売れるアンティークコインを買うためには余剰資金で投資をするのが鉄則です。

価値の有無に関わらず、アンティークコイン投資は年数をかけて徐々に価格が上昇していくのが特徴です。

気長にアンティークコインを育てていくつもりで購入しましょう。

アンティークコイン_価値_コイン

アンティークコイン投資は、株やFXのような数日や数年で価格が上昇するような投資ではありません。

しかしアンティークコインはすぐに値段が上がらないものの、一回上がった価値は下がりにくいです。

ですので、ある一定の期間を待つことが難しく、すぐにお金がほしいという人には向いていないといえます。

このような理由から、資金にあまり余裕がない時にアンティークコインび投資すると失敗するケースが出てきくるのです。

アンティークコインには、余剰資金で投資することおすすめします。

焦らず価値が上がっていくまで気長に待ちましょう。

②:アンティークコイン購入前の情報収集は入念に行う

情報収集は売れるアンティークコインを購入する上で最も大切なことです。

アンティークコインを実際に購入する前には必ず情報収集をしましょう。

情報収集をすることで「価値がある・価値があがりそうなアンティークコイン」の目星をつけることができます。

ディーラーサイトなどを利用すればアンティークコインの情報を網羅的に理解することができます。

しかし正しい情報を発信しているサイトではなく、不正確な情報を発信しているサイトも存在しているので注意しましょう。

アンティークコイン専門店が運営しているブログなどであれば信頼性があるのでそちらを利用することもおすすめです。

③:海外のディーラーとの取引はより慎重に

売れるアンティークコインを追い求めていると、海外ディーラーと取引をする機会も出てくるでしょう。

その際にはより慎重に取引していきましょう。

言語が違うため、もし偽物を掴まされたとしても返金対応に時間と労力が取られる可能性があります。

希少性とグレードの高いコインは将来資産価値が上昇する可能性が高いです。

同じコインでも、状態により評価が変わってきます。

アンティークコインを単なるコレクションとして手元に置いておくのであれば別ですが、資産相続や運用考えるのであれば十分にコインの状態を考慮することが必要です。

日本国内で信頼できるアンティークコイン専門店を見つけることがおすすめです。

売れるアンティークコインを買うなら「アンティークコインタウン」がおすすめ

アンティークコインの売り方やテクニックについて説明しました。

この章では売れるアンティークコインを購入できるアンティークコイン専門店について紹介します。

今回は豊富な機能でほしいアンティークコインをすぐに注文できる「アンティークコインタウン」について紹介します。

アンティークコインタウンは古今東西、様々なアンティークコインを豊富に取り扱っています。

アンティークコイン投資ブログ編集部

売れるアンティークコインを買うなら「アンティークコインタウン」
  • アンティークコインタウンとは
  • アンティークコインタウンのここが良い!①:様々な検索方法で欲しいコインをすぐに検索
  • アンティークコインタウンのここが良い!②:鑑定済のアンティークコインだから偽物の心配がない
  • アンティークコインタウンのここが良い!③:好評の声が多数

アンティークコインタウン公式LINE
いまなら無料で特典プレゼント!

>>アンティークコイン公式LINE<<

公式LINEで詳しく見る!

アンティークコインタウンとは

アンティークコインフランス_アンティークコインタウン

「アンティークコインタウン」は古今東西、様々なアンティークコインを扱っていることで、近年話題になっているアンティークコイン専門店です。

オンラインのみ対応ですが、初めてのオンラインのアンティークコイン専門店を利用する人のために、様々な工夫を行っています。

今回は代表的な「検索方法」と「鑑定済アンティークコイン」について説明します。

会社名 アンティークコインタウン
ロゴ アンティークコインタウン
公式サイト http://www.antiquecoin-town.com/

アンティークコインタウンのここが良い!①:様々な検索方法で欲しいコインをすぐに検索

アンティークコインタウンでは欲しいアンティークコインを瞬時に検索できるように、様々な項目に細分化し、それぞれに対して検索できるようになっています。

例えば「国別検索」、「素材別検索」といった多くのアンティークコイン専門店で既に実装されている検索方法だけでなく、「グレード別検索」や「予算別検索」といった、アンティークコインタウンオリジナルの検索方法もあります。

今回はグレード別検索を紹介します。

まず、アンティークコインタウンのホームページに行き、グレード別検索の部分をクリックします。

出典:アンティークコインタウン

すると以下のような選択肢が出てくるので、あなたの欲しいグレードをクリックしましょう。

ここに出てくる選択肢はアンティークコインオリジナルのものではなく、PCGS社やNGC社の鑑定項目に準拠しています。

出典:アンティークコインタウン

アンティークコインタウンのここが良い!②:鑑定済のアンティークコインだから偽物の心配がない

アンティークコインタウンで取り扱っているアンティークコインは全て、PCGS社やNGC社が鑑定したものです。

そのため、偽物の心配をせず、気軽にアンティークコインを購入できます。

出典:アンティークコインタウン

アンティークコインタウンのここが良い!③:好評の声が多数

アンティークコインタウンには好評の声や口コミが多数あります。

アンティークコインに精通している人から、そこまでアンティークコインに詳しくない人まで、数多くの口コミがあります。

今回はその中から3つ紹介します。

是非ご覧ください。

アンティークコインをオンラインで購入するのははじめてでしたが、アンティークコインタウンの人がこまめに連絡してくれるので安心して利用できました。

島根県男性

兵庫県男性

ここで取り扱っているアンティークコインは珍しいものが多いので、見ているだけでも楽しいですね。

売れるアンティークコインを購入したいならここしかないと思ってます。

徳島県女性

アンティークコインタウンの評価
品揃え
(5.0)
レビュー
(4.5)
知識
(4.0)
立地
(5.0)
総合評価
(4.5)

アンティークコイン売り方まとめ

今回はアンティークコインの売り方について説明しました。

アンティークコインをよくわからない人から、アンティークコインに精通している人まで満足できるように、アンティークコインに関する最新情報を紹介しました。

皆さんもアンティークコインを賢く売れればいいなと思います。

アンティークコイ売り方まとめ
  • アンティークコインの売り方は「アンティークコイン専門店での売却」「オークションでの売却」「海外の個人ディーラーとの売却」の3つがある
  • アンティークコインを高値で売るなら「アンティークコインを特定する」「売らざるを得ない状況を作らない」「売り時を選ぶ」「スラブケースを綺麗にする」「CACに送る」「価格設定の際は相場を把握する」6つが重要
  • 売れるアンティークコインを買うなら「アンティークコインタウン」

アンティークコインタウン公式LINE
いまなら無料で特典プレゼント!

>>アンティークコイン公式LINE<<

公式LINEで詳しく見る!