フランスの「フィリップ2世」とアンティークコインの歴史を解説

フィリップ2世ってどういう人?
フィリップ2世の歴史が気になる!

世界史でも登場する尊厳王「フィリップ2世」。

フランスのフィリップ2世はフランス統一王権の基礎を作ったと言われており、今日でも絶大な支持を得ています。

アンティークコイン業界でもフィリップ2世のアンティークコインは数多くあります。

そこで、この記事ではフィリップ2世の歴史について解説します。

フィリップ2世アンティークコイン
  • フィリップ2世は尊厳王という尊称を持つ
  • フィリップ2世はフランス国内でも高い人気がある
  • フィリップ2世のアンティークコインを買うならアンティークコインタウン
アンティークコイン投資_サムネ アンティークコイン投資っておすすめ?初心者の資産運用に向いているかメリットを徹底解説!

フィリップ2世の歴史を解説

フィリップ2世はフランスのカペー朝第7代の王です。

フランスでは尊厳王(オーギュスト)と呼ばれており、今日のフランスの基盤を作った人と言われています。

なぜ、フィリップ2世は今日でも絶大な人気を誇っているのでしょうか。

この章ではフィリップ2世の誕生から晩年までを詳しく解説します。

フィリップ2世の歴史をざっくり言うと
  • フィリップ2世の歴史概要
  • フィリップ2世の歴史①:誕生
  • フィリップ2世の歴史②:即位
  • フィリップ2世の歴史③:第3回十字軍
  • フィリップ2世の歴史④:領地拡大
  • フィリップ2世の歴史⑤:ブーヴィーヌの戦い
  • フィリップ2世の歴史⑥:晩年

フィリップ2世の歴史概要

フィリップ2世の歴史について、主な出来事を時系列順にまとめました。

当時のフランスは国という概念はなく、誰がどの地域を支配しているかという考え方が主流でした。

フィリップ2世もフランス王国にあったカペー王朝の第7代の王として即位します。

1165年
誕生
ヴァル=ドワーズ県のゴネスでルイ7世とアデル・ド・シャンパーニュの間に生まれる。
1180年
即位
当時15歳という若さで単独王として即位
1194年
第3回十字軍
いち早く帰国し、リチャード1世の土地を占領するも、後に返還
1203年
領地拡大
ジョンとの戦闘で勝利
1214年
ブーヴィーヌの戦い
フランスが強国として登場するきっかけとなる
1223年
晩年
オーギュストという尊称を獲得

フィリップ2世の歴史①:誕生

フィリップ2世は現在のフランスにあるヴァル=ドワーズ県のゴネスで誕生しました。

ヴァル=ドワーズ県はこの位置にあります。

アンティークコイン_フィリップ2世

出典:Wikimedia commons

フィリップ2世はルイ7世とアデル・ド・シャンパーニュの間に生まれました。

当時のフランスは王位継承権を有する男性がいなかったため、フィリップ2世の誕生はフランスにとって重要であり、多くの人々から期待されていました。

幼少の頃はかなり病弱であり、病によって命の危険に晒されることもありました。

その時にルイ7世がヘンリー2世と戦争中だったのにも関わらず、治癒祈願のためにイングランドの、聖トマス・ベケットの祠に行ったというエピソードがあります。

フランスにとってフィリップ2世の存在がとても重要ということがわかります。

アンティークコイン_フィリップ2世_家系図出典:Wikipedia

アンティークコイン投資ブログ編集部

王位継承権のある男性が誕生したことで、イギリスに吸収される恐れが無くなりました。

当時のフランスから見ると、フィリップ2世の誕生は待望だったと言えます。

フィリップ2世の歴史②:即位

1180年に父、ルイ7世が崩御されたため、息子のフィリップ2世がカペー王に即位しました。

王位を確実にするために、フィリップ2世が14歳の時に、父と共同統治をすることでキャリアを身に着けました。

そしてカロリング家のエノー伯ボードゥアン5世の娘、イザベル・ド・エノーと結婚し、皇太子ルイ8世が誕生しました。

アンティークコイン_フィリップ2世_家系図1

出典:Wikipedia

ルイ8世が誕生したことでフィリップ2世がいるカペー家とイザベル・ド・エノーがいるカロリング家の親交が深くなり、統合を果たします。

アンティークコイン投資ブログ編集部

ルイ8世という自分の後継者が生まれました。

早い段階でフィリップ2世の跡継ぎが誕生したことによる精神的安定は大きいですね。

フィリップ2世の歴史③:第3回十字軍

「イスラムの擁護者」と呼ばれていたサラディンによって征服されたエルサレムを奪還するために、フィリップ2世は第3回十字軍に参加。

この時、第3回十字軍に興味がないフィリップ2世はリチャード1世と共に、イェルサレム王国の都市、アッコンを征服したのちに、病気を理由にフランスに帰国します。

そしてリチャード1世がいない隙にフィリップ2世がノルマンディーに進行し、リチャード1世の領地で軍事的に重要だったジゾール、ヴェクサン、エヴルーを奪取することに成功します。

出典:Wikipedia

このことを知ったリチャード1世はいち早くサラディンと和解し、1194年にフレトヴァルの戦いによって、リチャード1世が勝利し、リチャード1世に占領地を返還。

フィリップ2世はリチャード1世に敗北しますが、1199年にリチャード1世が亡くなります。

そのため、今後はフィリップ2世とリチャード1世の弟ジョンとの戦争に続きます。

アンティークコイン投資ブログ編集部

リチャード1世は戦上手として知られています。

フィリップ2世はあと一歩及ばなかったのですね。

フィリップ2世の歴史④:領地拡大

1199年にジョンがイングランド王として即位するが、重税や離婚問題が発生したことがきっかけで領内での求心力が下がります。

1200年、離婚問題を抱えていたジョン国王が裁判に出廷しなかったことでフィリップ2世がジョン国王が有する全領土を剝奪することを宣言します。

その3年後にジョン国王の甥にあたるブルターニュ公アルテュールを殺害したことがきっかけで、多く領主がジョンを見限り、領内にあったノルマンディー、メーヌ、トゥレーヌ、アンジュ―、ポワトゥーが降伏。

この結果、フィリップ2世は多くの領土を獲得した一方で、ジョン国王はガスコーニュ以外の全ての領土を失ってしまいました。

ジョンに対する評価は最悪で、「ロビン=フッドの冒険」では悪役として描かれ、聖職者が記した書物には「無能」や「嘘つき」、「卑劣」と記されています。

そしてジョン国王の死後、今日に至るまで誰もジョンを名乗る人はいません。

アンティークコイン投資ブログ編集部

ジョン国王がリチャード1世くらい強かったら歴史は変わっていたかもしれませんね。

今ではジョン国王のことを「失地王」として蔑んでいる人も少なくありません。

フィリップ2世の歴史⑤:ブーヴィーヌの戦い

1214年に領土を失ったジョン国王が神聖ローマ帝国の皇帝、オットー4世らと謀って、フィリップ2世と戦争を仕掛けます。

しかし、フィリップ2世率いるフランス軍が完勝します。

このことがきっかけ神聖ローマ帝国の皇帝、オットー4世は皇位を失い、ジョン国王は領土を回復することができなくなりました。

神聖ローマ帝国も大空位時代に突入し、少しずつ影響力が薄れていきます。

一方フィリップ2世はフランスの優位が確定し、ヨーロッパで最も強い国として、1世紀以上続きます。

アンティークコイン投資ブログ編集部

ブーヴィーヌの戦いによってイギリスとフランスの優劣が決定しました。

このあと、ジョン国王は国王の権力を制限するマグナ・カルタを制定します。

神聖ローマ帝国についてはこの記事で紹介しています。

是非参考にしてください。

アンティークコインドイツ_サムネ ドイツのアンティークコインや金貨は何故種類が豊富なのか徹底解説

フィリップ2世の歴史⑥:晩年

フィリップ2世は外交や戦争だけではなく、内政にも力を入れていました。

特に都市開発、学校、司法の改革に力を入れていました。

都市開発では商業を中心に発展させ、官僚機構を確立することで、フランス王国の市民の帰属意識を高めることに成功します。

学校では領内に多くの学校を作り、パリ大学設立にも協力します。

また司法の改革によって、王政の支配関係を一新し、王室への上訴ができるようになりました。

フィリップ2世は1223年に崩御し、歴代のフランス国王が眠るサン=ドニ大聖堂に埋葬されます。

フィリップ2世の後継者としてルイ8世がフランス国王に即位します。

アンティークコイン投資ブログ編集部

崩御されたタイミングで尊厳王という尊称を与えられました。

今日でも多くの人々から支持されています。

フィリップ2世のアンティークコインを買うなら「アンティークコインタウン」がおすすめ!

フィリップ2世の歴史について説明しました。

フランスでもフィリップ2世を支持する人が多く、今のフランスを作った人として記憶されています。

フィリップ2世のアンティークコインを見てみたい、購入したいと思う人もいると思います。

そこでオンラインでアンティークコインを購入できる「アンティークコインタウン」について紹介します。

アンティークコイン投資ブログ編集部

アンティークコインタウンはフィリップ2世に限らず、様々な国のアンティークコインを取り扱っています。

アンティークコイン投資を始めるなら「アンティークコインタウン」がおすすめ
  • アンティークコインタウンとは
  • アンティークコインタウンのポイント①:偽物のアンティークコインは存在しない
  • アンティークコインタウンのポイント②:充実した検索機能
  • アンティークコインタウンのポイント③:圧倒的に多い口コミや評判の声

アンティークコインタウンとは

アンティークコインフランス_アンティークコインタウン

アンティークコインタウンはイギリスやアメリカといったメジャーな国のアンティークコインに限らず、マケドニア、ギニアといったマイナーな国のアンティークコインも取り扱っているアンティークコイン専門店です。

取り扱っている年代も様々で、古代、中世、近世、近代、現代の5つにジャンル分けされており、欲しいアンティークコインをすぐに見つけられるようになっています。

価格帯も50万円以内のアンティークコインから1000万円以上のアンティークコインまで、幅広く扱っているので、自分のレベルにあったアンティークコインを購入することができます。

ビットコインで決済することも可能で、仮想通貨取引で儲けたお金を防衛するときに利用する専門店として人気があります。

会社名 アンティークコインタウン
ロゴ アンティークコインタウン
公式サイト http://www.antiquecoin-town.com/

アンティークコインタウンのポイント①:偽物のアンティークコインは存在しない

アンティークコインタウンはオンラインで取引できるアンティークコイン専門店です。

それ故に偽物のアンティークコインを購入してしまうのではないかと心配する人も多いでしょう。

しかし、アンティークコインタウンでは偽物のアンティークコインを取り扱っていないと断言できる理由があります。

それは第三者鑑定機関最大手のPCGS社とNGC社による、鑑定済のアンティークコインしか取り扱っていないからです。アンティークコイン投資リスク

出典:アンティークコインタウン

第三者が鑑定し、真贋を確定して、本物のみを取り扱っているので安心してアンティークコインを購入することができます。

鑑定したことの証明として、スラブケースに入っているアンティークコインのみを取り扱っています。

スラブケースに入っているアンティークコインは以下のようになっています。

アンティークコイン売れない_ケース

出典:ユニバーサルコイン

スラブケースとは

スラブケースとは、アンティークコインを保存するための透明なケースのことを指します。

鑑定済のアンティークコインはスラブケースに大切に保管され、簡単に開封できないように保存されます。

スラブケースには関係した会社名とアンティークコインの情報が書かれているので、スラブケースに入っているアンティークコインは少なくとも偽物の可能性がないと言えるでしょう。

アンティークコインタウンのポイント②:充実した検索機能

アンティークコインタウンには他のアンティークコイン専門店にはない検索機能が豊富にあります。

例えば国ごとの検索でもアフリカのアンティークコインを取り扱っていたり、グループ別検索では材質は鑑定会社まで細かくチェックできます。

特に鑑定会社による検索はアンティークコイン投資専門家になると必要になる人もいる検索方法で、この検索方法を導入しているアンティークコイン専門店はあまりありません。

フィリップ2世_アンティークコイン専門店

出典:アンティークコインタウン

欲しいアンティークコインをすぐに見つけることができるような仕組みを作っていることがわかります。

アンティークコインタウンのポイント③:圧倒的に多い口コミや評判の声

アンティークコインタウンの利用者の声を見てみましょう。

多くの人々からの称賛の声やおすすめする声が集めっていることがわかります。

アンティークコインタウンと言ったら、なんといっても使いやすいアンティークコインの検索機能ですよね。

これにはいつもお世話になってますよ。

埼玉県男性

京都府男性

アンティークコインタウンは偽物の心配がないから大変助かります。

オンラインだからって心配してたけどこれからはここを利用しようと思います。

フィリップ2世のアンティークコインが欲しかったのでここを利用しました。

今後もここを利用するでしょう。

徳島県女性

アンティークコインタウンの評価
品揃え
(5.0)
レビュー
(4.5)
知識
(4.0)
立地
(5.0)
総合評価
(4.5)

 

フィリップ2世アンティークコインまとめ

いかがでしたか。

この記事を通じてフィリップ2世について学ぶことができたのではないかと思います。

また、アンティークコインについても少し詳しくなったと思います。

もしフランスのアンティークコインについて興味が出てきたら、是非この記事を利用してください。

アンティークコインフランス_サムネ アンティークコインで今最も注目を浴びているフランスを徹底解説

フィリップ2世アンティークコインまとめ
  • フィリップ2世は尊厳王という尊称を持つ
  • フィリップ2世はフランス国内でも高い人気がある
  • フィリップ2世のアンティークコインを買うならアンティークコイン